同棲していた元カレと復縁するコツとは?

同棲していた元カレと復縁するコツとは?

一緒に住んでいた彼と復縁するためのステップ

一緒に暮らしていて、別れ話が持ち上がり、お互いそれに同意したものの、あなたは復縁したいと思っている。
実はこれは、なかなか難しいケースです。

 

なぜなら、別れると決めても、ずるずる一緒に暮らしているというのはそもそも復縁ではありませんし、彼が出て行って、あなたがそこで待ち続けているという状況も、復縁にはつながらないから。

 

それなのに、一緒に暮らしているカップルはこのどちらかのルートに陥りがちです。

 

ここでは、一緒に暮らしていた彼と本当の意味で復縁するために必要なステップをまとめてみました。

 

 

期限を決めてきっぱり解消する

一緒に暮らしている状況にもよりますが、すぐに引越費用が用意できないという場合があるにしても、期限をはっきり決めて、その日までには2人暮らしを解消しましょう。

 

もともとがあなたの家なら即日に出ていってもらう、自分がおしかけていたのなら荷物をまとめて出て行くこと。

 

2人で借りていたのなら解約してしまうのが1番ですが、どちらかが住み続けるなら清算をしっかり行なうように。

 

必要以上に険悪にならない努力は必要ですが、別居が完了するまでは、復縁したい気持ちはにじませないこと。
ここを乗り切れば、あなたの未練のなさを感じた彼が、逆にあなたに未練を持ちます。

 

 

事務的な連絡の余地を残しておく

できれば、2人暮らしを解消したあと、1ヶ月後くらいに発生するものが理想的です。

 

例えば戻ってきた敷金の折半や、忘れ物、何もない時には「もしかして不動産屋さんから電話あった?」など、用件をぼかした連絡でもok。

 

それに対して彼から返信があったら、あなたからの返信はせず、彼からの「追いかけ」返信を待ちます。

 

そこで「忙しい」ということを理由に謝罪すると、彼の中には新しくあなたに恋人ができたのでは、といった疑念がわきます。
こうして彼に育った未練と疑念の種をどれだけひっぱれるか、ということが復縁成功の鍵となるのです。

 

 

「やせた?」の一言を言わせる

2人暮らしを解消して、1ヶ月から2ヶ月くらいをめどに、実際に会う機会をつくります。
2人きりでなくてかまいませんし、偶然会う程度でもかまいません。

 

その時に彼から引き出したいのが「やせた?」の一言。
「何か変わったね」でもいいのですが、「少しダイエットしておく」のが、もっとも彼に伝わりやすい変化です。

 

それに加えて、彼からあなたへの不満点クリアをアピールします。
例えば、だらしなさを指摘されていたとならきちんと感を、何かにつけて細かいということが溝になっていたのら少しラフに等、以前との違いをはっきり表現するようにしましょう。

 

 

おわりに

なかなか別れられない=復縁ではありません。
一緒に暮らしていると、気持ちだけではすっきり別れられない部分があるかもしれませんが、そこをあえてゼロに戻すことで、彼を「復縁可能ライン」の内側にキープしておくことができます。

復縁体験談


ホーム