振られた彼ともう一度出会い、復縁するために

一方的に振られた元彼と再会し、復縁するために

振られた彼ともう一度、復縁するために

なぜ自分は彼に振られてしまったのだろう。
振られた経験のある女性なら必ず自問自答してしまう問題です。

 

こちらは思いを残しているし、決して彼に対してひどいこともしていない、そんな自信があるなら余計にこんな堂々巡りの考えを繰り返してしまうものかもしれません。

 

なにも手につかないほど傷ついてしまいますし、願わくば復縁を、と考えてしまうのも当然でしょう。

 

そこで今回は例を挙げながらそのトラウマを乗り越える秘訣を探してみましょう。

 

 

落ち着いてから状況を振り返ってみる

まずどんな状況でどんな風に振られたかを思い出してみましょう。

 

ここでは例としてとある知人の話を再現してみます。

確かにたまに喧嘩してしまうこともあったし、お互い仕事が忙しい時はなかなか会えなくて辛い時もありました。

 

正直最初から彼よりも私の方が好きだという気持ちが強いことはうすうすわかっていて、それで不満を感じることもありました。
共通の友人たちもたくさんいましたし、お互いの家族とも家を行き来していたこともあり交流がありました。

 

だからなんとなく結婚するのだろうなあと漫然と考えていました。
だから別れる時にはそんな気が彼にはなかったのだと知ってとてもショックを受けました。

 

こんな感じです。

 

 

自分を磨く時間をもうける

自分に非がないことをこの思い出しで確認できたならば、あなたは決して悪くありません。

 

いったん彼のことは頭から追い出して自分磨きを始めてみましょう。

 

具体的には仕事に打ち込むこともよいですし、友人と遊んだりジムや趣味の講座を受けてみたり、また新しい出会いを求めて活動することも決して悪いことではありません。

 

 

違う側面から彼を見つめることができる

最初は辛いこともあるかもしれませんが、ある日ふと、心が楽になっている瞬間がやってきます。

 

彼とまた会うことがあったとしても、以前よりも冷静に彼を見直すことができるようになっているはずです。

 

もしかしたら「どうして自分はこんなひと好きでいたんだろう?」なんて考えてしまうかもしれません。

 

世の中にたくさんある価値観の中から自分がいかにただひとつの価値観(=彼を中心とした世界)に凝り固まっていたのかがよくわかるはずです。

 

彼だけが魅力的だと思っていたことが、ひとつの側面だけで物をみていたことがよくわかるはずです。

 

そうなってから彼に出会えば、憑き物が落ちたみたいに彼のことを潔く諦められるようになっていることに気付くでしょう。

 

 

復縁という選択肢の際も

それでも彼の事をあきらめない、復縁したいというのも決して悪いことではありません。
その際にも自分磨きは無駄になりません。

 

彼には以前より変化しているあなたは驚くほど魅力的に映るでしょう。

 

 

おわりに

別れは辛いものですが、思い出しと自分磨きでまた新しい出会いもより早く手に入れることができます。
さらに復縁するチャンスもより多くなります。

 

頑張ってみてください。

復縁体験談


ホーム